女性の育毛方法

薄毛になる前にやっておきたい頭皮の保険

人の髪の毛は約10万本あると言われています。そのうち髪の毛のサイクルで1日あたり約50〜100本くらいの髪の毛は毎日抜けています。

 

しかしその程度だと排水口が詰まったり枕に大量に抜け毛が落ちたりしていることはありません。

 

なぜかというと、50〜100本の抜け毛は24時間の中で分散されて抜けているため一箇所に集中して抜け毛が溜まってるという事は滅多にありません。

 

ですので髪の毛が抜けて髪の毛が薄くなってきたなという根拠はやはり、排水口に溜まる髪の毛や枕に溜まる髪の毛が多いほどそれは、抜け毛が進行しているということになります。

 

人の病気というのは、ある程度症状が表に出てこないと実感がわかないものです。しかし実感した時には時すでに遅しということになりかねませんので、日頃の予防が必要かなとおもいます。

 

特に女性は女性ホルモンの減少の影響で薄毛になる確率が格段に高いので自分は大丈夫だと思っていても将来どうなるかは誰にもわからないので、予防はしといたほうが無難です。

 

皆さんは自分にもしものことがあった時のために色々な保険にに入りますよね?
それと同じです。育毛はある意味「頭皮の保険」です。

 

しかし保険には色々な種類がありどれを使うか迷うところがあります。そういった時は信頼性の高いブランド、育毛というジャンル一本のブランドを選ぶと間違いはありません。

 

育毛の保険に何を使うの?

 

育毛の保険といってもざっくりしていてなんだかわかりづらいので説明しておきますが、育毛には次のようなものがあります。

 

1 育毛剤

 

2 育毛サプリメント

 

3 育毛シャンプー

 

4 育毛レーザー

 

5 育毛クリニック

 

6 育毛サロンへ

 

7 生活習慣の徹底的な見直し

 

などがあります。

 

一番時間のかかるのは7番の生活習慣の徹底的な見直しです。またこれは挫折しやすいですね。

 

一番効果が得られるのが育毛クリニックでの治療ですが、この中でも一番費用がかかります。

 

その次に育毛サロンがお金がかかりこれらは月数万円単位で費用がかかり、よっぽどでない限り現実的ではないです。

 

そうすると、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリ、育毛レーザーに絞られてくるのですが、今のところ効果があるといわれるのが育毛剤と育毛サプリの組み合わせで、

 

各種女性用育毛剤には必ずといって良いほどサプリメントが付いているものがあります。

 

これらを使って毎日育毛を進めていくことで抜け毛予防や髪の保険が掛けられます。

 

男性の抜け毛の保険には男性用育毛剤が一番です。

 

美容師の選ぶ男性用育毛剤ランキング